ベビーにも日焼け止めが必要

紫外線は年間通して注意しなければなりません。 知らない間に日焼けによるダメージを受ける事があります。 特に小さい子供には注意が必要です。

赤ちゃんのお肌はデリケートなので外出する際には日焼け止めを使って予防します。 ドラッグストアやベビー用品を扱うお店では赤ちゃん向けの低刺激の日焼け止めを購入する事が出来ます。 使用感もさらっとしていますので、使用しやすいです。

赤ちゃんといっても月例によって外出の頻度も異なりますし、お肌の状態も異なります。 生後三か月位まではお肌が非常に敏感な時期なので出来るだけ日焼け止めを使用せず、直接日が当たらないように工夫します。 夏生まれの赤ちゃんは特に注意が必要です。

生後一か月を過ぎると少しずつ外気に触れる機会が増えてきますので、注意が必要です。 色々な日焼け止めクリームが販売されていて、中には新生児から使用出来る商品もあります。 夏生まれの赤ちゃんは様子を見ながら、必要な時に使ってみる事も出来ます。 初めて使う場合は、パッチテストを行って殻使用すると安心です。

家族に兄弟がいたりすると、赤ちゃんの頃から夏場海やプールに行く機会があります。 直射日光を浴びる時間も長くなりますので、適切な予防が必要です。 防止やラッシュガードなど日よけ対策の他、UVクリームで日よけ対策をします。 こまめに塗りなおす必要があります。

無香料で無着色、アルコールフリー、弱酸性など赤ちゃんが使う上で、安心な商品が多いです。 有名メーカーの品からこだわりの商品を販売しているお店などたくさんあります。 インターネットから購入出来ますが、商品が多く悩みます。 人気ランキングや購入した事のある人のレヴュー等を参考に選ぶと安心です。 お肌に合う商品を選び、なるべく使いやすいものがおすすめです。 夏場プールや海などで頻繁に使う場合は、ボトルタイプだと使用しやすいです。

赤ちゃん用の日焼け止めクリームを大人が使っても問題ありません。 敏感肌の人など安心して使う事が出来ます。

しっかりとガードされるUVクリーム程、しっかりと落とす必要があります。 肌を強くこすらずに、しっかりと泡立てた洗顔せっけんで静かに落として行きます。

お肌同様に髪の毛や頭皮もダメージ受けやすい部分なので帽子やサンシェードなどは夏の必須アイテムです。 車の中でも日に当たりますので、日よけ対策は必要です。 紫外線を浴びすぎないように車の窓にクリップ等でカーテンを取り付けたり対策をしておくと安心です。

ベビーには肌に優しい日焼け止めがおすすめ

一昔前までは、こんがりと小麦色に焼けた肌は健康的で魅力的とされていました。しかし、研究が進むにつれ、紫外線の悪影響が徐々に明らかにされ、目や皮膚に大きなダメージを与えるということが分かってきました。さらに、近年の環境破壊によって、紫外線を吸収するはずのオゾン層が減少し、地上の紫外線量が増えていくという状態になりつつあります。

紫外線によるダメージはDNAにも傷を与え、蓄積されていくため、赤ちゃんのころから紫外線対策を徹底しておく必要があります。もっともポピュラーな紫外線対策として、日焼け止めの塗布が挙げられます。ですが、メーカーによっては、強力な紫外線カット効果を付加するために、肌に負担を与えかねない成分や添加物を大量に使用していることもあります。赤ちゃんの肌は、大人よりも薄く、弱いため、そのような日焼け止めの利用は肌荒れや乾燥を起こしてしまう可能性があり、避けた方が良いでしょう。

ベビー用日焼け止めには、肌に優しいということが大前提となります。一般的な大人用の日焼け止めには、合成界面活性剤や合成ポリマー、紫外線吸収剤など、肌に負担を与えかねない成分が多く含まれています。ベビー用を選ぶ場合、これらを含んでいない、もしくは配合量が少ないものを選ぶのがお勧めです。また、好奇心旺盛な赤ちゃんは、手に付いたものを舐めてしまう可能性もあります。万が一舐めてしまっても、問題のないような成分を利用しているものを選びましょう。舐めても問題のないとされる、食品成分を利用したものも近年開発されています。

日焼け止めを落とす際も、わざわざクレンジングなどを利用してさらに肌に負担を与えることのないよう、お湯や石けんでスルリと落ちるようなものを選びましょう。赤ちゃんの肌は薄く、少しの刺激にも敏感に反応してしまうため、何度も皮膚を擦ったり添加物のあるものを塗布したりするのは控えましょう。

さらに、保湿成分も付加されていると嬉しいですね。保湿力の高いオイルなどが配合されていれば、赤ちゃんの肌を乾燥から守りながら紫外線カット効果が期待できます。

これらのアイテムで紫外線対策を行うことも重要ですが、生後間もない赤ちゃんを紫外線の強力な場に連れて行かない、日差しの強い時間帯は避るなど、場所と時間を考えながら行動することも必要です。いつまでも美しい肌を守れるよう、親として出来ることを積極的に取り入れていきましょう。

更新履歴